モバイルルーターの状況は刻々と変化している

ネット関係は一番状況の変化が激しい業界です。昔は良かったサービスももっと良いサービスが登場したり、劣化して凡庸なものになったりします。

モバイルルーターもご他聞に漏れず当てはまってしまいます。最近まではWiMAX一強でしたが、ワイモバイルの台頭によって崩れつつあります。

ワイモバイルは今年の2月から使い放題のキャンペーンを開始しました。エリアや建物内の繋がりやすには定評のあったワイモバイルでしたが、月7GBの上限がどうしてもネックでした。唯一と言っても良い弱点が克服されたことで、WiMAXよりもおすすめのキャリアと言えます。

反対にWiMAXは使い放題は変わりませんが、若干料金が上がってしまいました。今までと同じ料金の場合は月7GBの上限があって、使い放題にするには毎月の料金に684円プラスしないといけません。ワイモバイルの方が料金が安い状況になってしまいました。

そんな中、ドコモとソフトバンクは相変わらずと言った感じです。ドコモは料金プランの仕組みが変わって、月のパケット通信量に応じて料金が変わる仕様になりました。現在の格安SIMと同じような感じです。基本使用料+各容量料金と言った具合です。正直使い勝手が悪く料金も割高と言えます。山に行かない限りはドコモの出番は無さそうです。(ワイモバイルのLTEのカバー率が良いため)

この様にモバイルルーターを比較するときは情報が新しいことが大前提となります。古い情報のままで決断して契約してしまうと、完全に落とし穴にはまってしまいます。何よりも情報の鮮度を大切にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です